【香梅咲の由来】

江戸時代安政年間の歳月を経て、今日なお庄内の味を伝える料亭として皆様に親しまれご利用を頂いております。
季節には表門に風雅に咲く梅の古木が、そのまま当店の名の由来ともなっております。

京の風情・京の風味をただよわせる品々は、やはり港町酒田へ直接入った文化の名残りでしょう。日本庭園をながめながら、ごゆっくりと御くつろぎいただきたいと願っております。

日本海の荒海からあがる新鮮な魚貝を吟味し、その日のご予約などにあわせて手早く調理致します。
材料の持ち味を活かしきる京風の味付けがご好評を得ております。

いつも日本料理の本心にたちもどり、四季を通じてよろこばれる味づくりに精進しております。


〒998-0037
山形県酒田市日吉町1丁目3-16
Tel:0234-23-3366/Fax:0234-23-3368


【料亭 香梅咲】山形県酒田市日吉町1丁目3-16*TEL:0234-23-3366/FAX:0234-23-3368
【中合清水屋1F 香梅咲】山形県酒田市中町2丁目5-1*TEL:0234-24-3982
copyright©2003 料亭香梅咲 All RightsReserved.